エズ村でフラゴナールの香水工場見学が出来ます

フラゴナールのエントランスに飾られている香水 フランス観光
フラゴナールのエントランスに飾られている香水です。

エズ村でフラゴナールの香水工場見学が出来ます

みなさん、こんにちは!

Mimosa
Mimosa
フランスの老舗香水メーカー「フラゴナール」をご存知ですか?

東京、青山の骨董通りにも支店があったのですが撤退してしまったので、今や日本国内でフラゴナール製品を購入することが出来なくなってしまいました。

南仏の香水の都グラースで1926に創業されたフラゴナールは、パリを始めフランス全土に沢山の店舗を構えフランスの3大パフューマリーの一つとしてフランスの香水好きなら知らない人はいません。

今回は、南仏の鷹巣村エズ村にあるフラゴナールのブティックと工場を見てみましょう♪

Sponsored Link

パフュームリー「フラゴナール」併設の香水工場を見学

エズ村のフラゴナール入り口にあるモニュメント

エズ村のフラゴナール入り口にあるモニュメント

フラゴナールの本社は南仏のグラースにありますが、今回はエズ村にあるフラゴナールにお邪魔しました。エズ村は、数ある鷹ノ巣村の中でも一番有名な観光地でニース滞在中に多くの人が訪れます。先日したエズ村からのツイートです。

このエズ村にフラゴナールのブティックと工場があります。

ニースの旧市街にも路面店がありますが、こちらはブティックだけで、ニース近郊の街で香水工場が併設されているフラゴナールは、エズ村店とグラース店になります。

こちらの2店舗では併設の香水工場を見学することが出来ます。日本人のガイドさんが丁寧に説明をしてくれて、見学は無料なので嬉しいですね。

私は、香水(パフューム)とオードトワレ(Eau de Toilette)の違いをフラゴナールのガイドさんに教えてもらいました!

ざっくり言うと、

香水(Parfum)は、香りの濃度が高く、香りの持続時間が一番長い香水、

オードトワレ(Eau de Toilette)は、パフュームより香りの濃度が薄く、香りの維持時間が比較的短い香水だそうです。

日本人が好む香りは、気軽に身にまとえるオードトワレの方ですね。

フラゴナールの香水とアルガンオイル

エズ村のフラゴナールの香水工場

エズ村の香水工場のエントランスには数々の香水が飾られています。

フラゴナールの香水はバラやジャスミン、ミモザなどの天然の素材を使用しているものが多く、ナチュラルな香りで日本人にもつけやすいです。パッケージも素敵で洗練されていて、箱など捨てるのが勿体なくて、飾っておきたいくらいです。

パッケージが素敵なオーデトワレ

パッケージが素敵すぎて、全て手に入れたくなります♡

香水の他にも練り香水、ルームフレグランスやキャンドルなどの雑貨があり、クッションカバーやリネン類などもデザインが美しくついつい欲しくなるものばかりです。

香りも色もパッケージも全てが♡

香りも色もパッケージも全てが♡

そして、フランスでのアルガンオイルの火付け役はフラゴナールかと思うほど、品質の高いアルガンオイルを100%使った人気の化粧品ライン「VRAIシリーズ」があります。

こちらは、Amazonで購入できるようです。

(Yahooや楽天でも探してみたのですが、今の所Amazonでの取り扱いのみのようでした。)

 

そして、今年一押しの新しい香水は、マグノリア(木蓮)の香りで柑橘系で甘くてさっぱりとした良い香りがします。

マグノリア(木蓮)のオーデトワレ

マグノリア(木蓮)のオーデトワレ

マグノリアの香りの香水を初めてつけてみたのですが、とても爽やかで心地よい香りでした♡

残念ながらこちらは、今の所日本未発売のようですので、フランスに行かれた時に是非試されてみて下さい♪

 
Sponsored Link

最後に

フラゴナールは、表参道の路面店が撤退してしまっても、日本で根強い人気を誇り、

一部ですがAmazonなどのインターネットで購入することが出来ます。

私の一押しは、ナチュラルなお花の香りでパッケージも美しい練り香水です。

他には、メルカリなどでも出品されていることがあるようです。

フランスに行かれることがあったら、お土産でも大人気のフラゴナールのブティックと工場見学に是非行かれてみて下さいね♪

住所:158 Avenue de Verdun, 06360 Èze
Webサイト: usines-parfum.fragonard.com

 

 

(Visited 119 times, 3 visits today)
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました