【フランス留学】本場で修業してパティシエ・ショコラティエになる方法

おけいこ留学

【フランス留学】本場で修業してパティシエ・ショコラティエになる方法

みなさん、こんにちは!

チョコレートをこよなく愛しているインターナショナルハウスニース校の
MIMOSA(@ihmimosa)です!

お菓子を作るのが好き♪ 将来は、パティシエか、ショコラティエになりたいな。

と言う方に、フランスで修業してパティシエやショコラティエになる方法をご案内します。

それでは、早速見てみましょう♪

Sponsored Link

フランスでパティシエ・ショコラティエの修業が出来ます。

パティシエやショコラティエになりたい方は、フランスのお菓子に憧れる方も多いのではないでしょうか。

フランスの主食はバゲット(フランスパン)ですが、同様にケーキやスイーツをおやつや食後に日常的に食べる習慣があります。

ですので、一家に一台オーブンが普及していて、一般家庭で頻繁に手作りケーキやクッキーを焼きます。

各家庭のディナーやランチでも食後には必ずヨーグルトやスイーツなどのデザートを食べて、食事が終わることになっています。

学校の給食にも、アイスクリーム、ヨーグルト、エクレア、コンポートなどのデザートが必ず出されるので、お菓子が大好きな子供にとっては嬉しいですね。

そして、フランス人の食卓に欠かせないバゲットを販売するパン屋さんは、コンビニのように点在していて、ほとんどのパン屋さんには美味しそうなパティスリも並んでいます。

フランスの日常生活とパティスリは切っても切れない関係なのです。

フランスでパティシエ・ショコラティエの修業が出来ます。

ニースで一二を争う有名パティスリLACのアトリエでインターンシップ

パティスリの本場のフランスで、パティシエの修業をするには、

現地でインターンシップをして、スキルを磨き、

そこで出来た人脈からプロとしてデビューしていくというのが、最短で格安の方法だと思います。

パリには、「ル・コルドン・ブルー」などの製菓の専門学校がありますが、

すでに日本の製菓の専門学校を卒業していたり、すでにある程度スキルのある方ですと、

実践で覚えるのが一番かなと思うのです。

インターンシップ(仏語では、スタージュ)についての詳しい詳細はこちらからご覧いただけます。

フランスのパティシエのインターンシップに必要なもの

フランスでパティシエやショコラティエのインターンシップをするには、

  • 中級(B1)以上のフランス語
  • パティシエとしてアピールできる経験(製菓店などでのアルバイトでも可)
  • 大学や企業の契約書のサイン

が必要となりますが、これをクリアしてしまえば、フランスでのインターンシップも夢ではありません。

インターンシップ費用は、紹介料と契約書作成料の400ユーロとなっています。

インターンシップのご紹介には、インターナショナルハウスニース校のフランス語レッスンに2週間以上の登録が必要です。

もっと気軽に短期間でパティスリを作ってみたいという方には、

1回から受けられる気軽なフランス料理レッスン(前菜・メイン・デザート)もありますよ。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか?

パティシエやショコラティエのあこがれの地、「フランス」でパティシエになるのも夢ではないかもしれませんよね♪

パリに続き、ニースにも美味しいショコラティエが沢山あり、日本にも進出している「LAC」は、美味しいし、洗練されていて日本へのお土産にも人気のショコラティエです。

インターンシップは、最短10週間から可能で、学生ビザなしでも可能ですので、是非一度ご相談下さいね。

International House Nice
www.ihnice.com
info@ihnice.net(お気軽にどうぞ♪)  

 

(Visited 83 times, 1 visits today)
Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました